タレントやモデルとして成功する方法

史上初の快挙

話題沸騰の外国出身女優

シャーロットケイトフォックスさんは、2014年度下半期に放映されたNHKの連続テレビドラマ『マッサン』で、ヒロインの亀山エリー役に大抜擢されて、一躍話題の人となりました。特に長い朝ドラの歴史の中でも、外国人女性がヒロインに選ばれたということで注目を浴びました。見た目の可憐さと、圧倒的と評判の演技力で、現在人気を博しています。 アメリカ生まれのアメリカ育ちであり、『マッサン』のオーディション時はまだ日本語が話せなかったシャーロットケイトフォックスさんですが、来日してから日本語を猛特訓して、日本語での演技を見事に成し得ました。 500人を超えるオーディションの中から勝ち取った大役を、無事成功させて、この年のNHK紅白歌合戦にも応援ゲストとして出演を果たしました。

シャーロットケイトフォックスとは

シャーロットケイトフォックスさんは、1985年8月14日にアメリカのシューメキシコ州で生を受けました。サンタフェ大学にて演劇ダンスを学び、ノーザンイリノイ大学でも演劇を専攻して修士を修得しています。その後も演劇スクールなどを経て、インディペンデント映画や舞台などで活躍をしていました。 『マッサン』で日本国内では一躍有名人となりましたが、朝ドラのヒロイン役抜擢時は、日本ではもちろん、彼女の母国であるアメリカでもまだ無名の女優でした。 シャーロットケイトフォックスさんはすでに結婚されており、家族をアメリカに残して、『マッサン』は単身来日での活躍でした。今後彼女が、活躍の場を日本に置くのかアメリカに置くのか、今後の動向も注目されています。